いつまでも可愛らしい女性で・・・(フローリストkikoのライフスタイルコラム#18)

今年は知り合いを含め、還暦お祝のフラワーアレンジを頼まれることが多い年です。 偶然かもしれませんが、総じて仕事をしてきて還暦を迎える女性達は お花をお祝としてオーダーをする側からすると、 “カッコイイ憧れ的な存在”である場合が多いように感じます。 けれど、贈られる側、ご本人とたまたま話す機会があったりして話を伺うと、 好みの花や自分が贈ってもらって嬉しい花というのは カッコイイより、“可愛ら..

ロンドンのお花事情♪(フローリストkikoのライフスタイルコラム#17)

長い連休をつかって、ロンドンへ。 もともと私の働いていたいくつかのお店にもいってみました♪ 「久しぶりに、店頭に並べるブーケでも作ってみる?」 懐かしいお店で、ボスにふとそんなこと言われたら、 フローリスト魂がムクムクと湧き上がってきました〜♪(笑) お店の中で、その日一番キラキラして感じた美しい紫陽花に一目惚れし、 それを使ってブーケにすることに決めました! その日の紫陽花..

ホワホワ植物で優しい気持ちに〜♪(フローリストkikoのライフスタイルコラム#16)

花をもっていくときやプレゼントする シチュエーションって本当に人それぞれ・・・ 広告のお仕事にかかわっていたこともあって、 私はアレンジを作るときには広告を作るように、 なによりもオーダーする方の伝えたいこと、気持ちや思いを 意識をして作っているなぁと思います。 だから、オーダーする方から、状況だったり、 男性か女性かだったり、人柄だったり、イメージするブランドだったり聞かせていただけると..

還暦サプライズパーティに(フローリストkikoのライフスタイルコラム#15)

良子さんは私にとって憧れの素敵なお姉さま。 出会いは社会人なりたての頃。オシャレで社会人の先輩だった幼馴染が着ていた服が素敵で、近所にあった良子さんのブティックを教えてもらったことがきっかけでした。彼女は近所のブティックのオーナーなんです。 時々、お店をのぞいて会話をするようになり、当時、よくわからないファッションにも関わる仕事だったので、生地の事や流行など教えていただいたな…。 その後も人生の..

バラ12本の意味(フローリストkikoのライフスタイルコラム#14)

2月、3月はバレンタインデーやホワイトデーで、なんとなく身近な異性を意識する時期でしょうか。日本のバレンタインデーは女性から好意をもっている男性にチョコレートをあげたり、お世話になっている方にお礼の気持ちで義理チョコなんてものがありますが、そんなバレンタインデーは日本だけだってイギリスにいって知りました。 ちなみにイギリスだと夫婦間や恋人同士など恋愛対象相手に愛を祝う日で本命チョコしかないそうで..