H&F BELX社のルイボスティー・チャイ(food report)

こんにちは、編集部です。 秋も深まり、クリスマスまであと1ヶ月少し・・・という今日この頃。 カラダが自然と、温かい飲み物を求める季節になりましたね。 と、いうことで本日、ご紹介するのはルイボスティーのチャイ。 ルイボスティーを飲むようになってから、利尿作用や便秘の改善などが感じられるようになり、個人的にもはまっているのですが・・・これからの季節は、チャイでも美味しいかなと・・・ ..

月めくり 禅の教え 〜賓主歴然〜

「賓主歴然」 ひんしゅれきぜん 私とあなたは役割が違い、特技も違う。 だからこそ、補い合い、一人では決して到達できない事が成し遂げられる、というような意味と解しています。 他人は決定的に違う、という当たり前の理が腑に落ちると、安易に「共感」した気になるのが、いかに偽善的で、いかに自己満足なのかがあっさり暴かれてしまいますね。 Life is about the people you me..

【映画】 顔のないヒトラーたち〜シネマレビュー〜

こんにちは、編集です。 先日、映画「顔のないヒトラーたち」をみました。 1963年にドイツ人検事達によって行われたアウシュビッツ裁判についての実話に基づいたストーリー。 映画としてのエンターテイメント力も非常に素晴らしかったのですが、戦争をしてきた国が自分達の国の過去の過ちという真実を受けとめることの大切さ、また、人間としてどのようにに未来を作っていくべきか・・そういったメッセージもこめられて..

シンプルな心地よい暮らし 〜私的シンプル東方見聞録〜

持ち物でも時間の使い方でも、何でもいいけどシンプルに。 ただそれだけで日々の暮らしはぐっと心地よくなるって思ってまして、定期的に持ち物を見直しては使わない物を処分し、予定を入れる際には余裕を持つように気を付けてます。 部屋はスッキリしますし、次の予定に慌てる必要もなく、ゆったり今に没頭できるのでいい感じです。 それでも、まだまだシンプルにできる余地はあるようで、最近、シャンプーは不要だと気づ..

奄美大島の食材(food report)

こんにちは、編集部です。 もう秋ムードの今日この頃ですが、過ぎ去った夏の思い出として、本日は奄美大島の食材をご紹介します。 奄美大島は、鹿児島県の南部にある、奄美群島のこと。 海がとっても美しくて、熱帯魚や鳥などの天然記念物の宝庫。 沖縄ほど開発されていないのも、また魅力で、プライベートビーチを堪能できるスポットがたくさんあります。 奄美大島には美味しいものもたくさんありますが、な..

月めくり 禅の教え 〜柳緑花紅〜

「柳緑花紅」 やなぎはみどり はなはくれない 人の持ち味はそれぞれに違っていて、それが美しい世界を作る、という意味です。 自分が自分らしく生きていると、周りが美しい世界になる。 人気マンガ「宇宙兄弟」は、ご存知の方も多いかと思いますが、主人公だけでなく、多くの登場人物が宇宙飛行士(=ヒーロー)に憧れます。 ストーリーの中で、登場人物はそれぞれに固有の困難にぶち当たるのですが、その際必ず、登..

無人島でキャンプと映画 〜私的シンプル東方見聞録〜

映画通ではありませんが、私は映画が好きです。 特に、人生の素晴らしさを描いた映画を観て、素直に「人生は素晴らしい」と浸るのが好きです。 作品を挙げればきりがないのですが、学生の頃からリチャード・カーティスの映画に異様にはまっています。 リチャード・カーティスは、その作品が「カーティスランド」とファンから愛されていて、まさに、人間と人生への愛に溢れる作品ばかり。全作品、スタイルはオーソドックス..

高円寺の阿波踊り大会 〜私的シンプル東方見聞録〜

8月最後の週末は、高円寺・阿波踊り。 関東最大の阿波踊りらしいです。 私は毎年、大好きなお店・メキシカン「ロホ」の屋台でビール売りの手伝いをさせてもらいます。 天候は生憎の雨・曇りでしたが、お祭りムードは健在でした。 写真:阿波踊りの様子 屋台の運営はなんとロホの常連さん。設営から最後までおつかれさまでした。私は、専らビールを売り歩くだけで、いつもお世話になっています。 ..

月めくり 禅の教え 〜廓燃無聖〜

「廓燃無聖」 かくねんむしょう 廓燃とは、カラっと澄み切った大空、だそうです。 迷いや煩悩、さらには、悟りさえない世界に、森羅万象は存在する。 「廓燃無聖」は、そういう、言葉さえ必要の無い境地を言っています。 個人的に、この言葉を聞くと、二年間くらい付き合っていた人と別れ話になり、私の方から別れることを告げ、彼の家に荷物を取りに行った日を思い出します。 その日は偶々嵐で、夕方には台..

岡本文子 プロフィール

10才より奈良・青丹会の松塚玲糸先生から指導を受け、中学時代は書道部で部長を務める。京都造形大学のエクステンションセンター、毎日書道会の運営に関わる中で、数々の書家に出会い、教えを受けつつ独学を続け、最近では一般の指導とともに、各種イベントでの筆耕を行い、活動の幅を広げている。理想の書風は素朴なもの。 岡本文子の記事一覧はコチラ。