月めくり 禅の教え 〜泥中の蓮華〜

2016okamo11.jpg
泥中の蓮華(でいちゅうのはす)

ノーベル賞受賞ということで、ボブ・ディランが再評価されています。

切なくて美しい叙情的なラインが印象的なボブ・ディランの詩ですが、

変な話、切なさと言うのは不条理な世界に対する感情です。

泥の中だからこそ美しい花をさかせる蓮と同じで、不条理な世界だからこそ人生は切なく美しい。

お釈迦様は「高原陸地に蓮華生ぜず、卑湿汚泥にこの花を生ず」と説きました。

好い事も悪いこともひっくるめて色々とあるこの世間では、

蓮の花を咲かせるようにひっそりと美しい人生にしたいですね。

In order to write about life, first you must live it. Ernest Hemingway

fashion&cultureの最新記事

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: