Victoria Keenのクリエイション・スタイル  〜ファッションデザイナーのモノづくりの背景にあるもの〜(F&C REPORT)

《このページでのプレゼント企画の応募受付は終了しました》

先月ご紹介した、NYのエココンシャスなファッションブランド、Victoria Keen(ヴィクトリア・キーン)。
LBLEの今月の特集である“モノづくり”という切り口から、「彼女のクリエイションを支えるものは何か?」をご紹介します。

VK_wih back.JPG

・美しさ
・機能性
・カラダに優しいこと
(オーガニックコットンやシルクなどナチュラルな素材を取り入れる)
・持続可能性
(あまりトレンドに関係なく・四季を通じて着れるもの・丈夫であること)


をポリシーにアースコンシャスでありながらも華やかで優しいテイストのヴィクトリア・キーンのデザイン。

彼女のインスピレーションは、生活の中で触れる様々な出来事や物事から来るそう。環境汚染に関する文献を読み、自分でリサーチをして酸性雨を表現したプリントをデザインしたり、またスカルデザインのプリントは、昔の伝統的なペインティングの手法から影響を受けたりもしているそう!


pink_scull.JPG

イギリス人とアルゼンチン人の父とフィリピン人の母との間で生まれたヴィクトリア。幼少期からハイスクールまでは、ロスアンジェルスで過しましたリゾート

幼い時のヴィクトリアは、デザイナーでありクリエイティブなビジネスを手掛ける母親からの影響で、TVを見たりせずに、花や植物に囲まれたり、Tシャツに絵を描いたりアートネックレスを作ったりしながら多感な時期を過ごしたそう。

ちなみに、ヴィクトリアのお母さんと同じような子育てをするクリエイターやアーティストさんの話を何度かきいたことがあります。現代社会にあふれているTVや広告などは刺激が強く子供の五感の育成を妨げるという考え方があるみたいです。

と少し、話は脱線しましたが、そんなクリエイティブなお母さんの影響を受け、自然にヴィクトリアもアートを愛し、高校卒業後はNYCに移りテキスタイル・デザインを学びます。在学中のヴィクトリアは、アウトドアブランドであるNauticaで経験を積み、大学卒業後と同時に後に夫となる当時のパートナーとともに独立。ヴィクトリア・キーンのキャリアはそこから始まったのです。

彼女の人生のターニングポイントについて話を聞いてみました。

彼女のターニングポイントは何度かありますが、独立した時や、また仕事の中でも同じお客様から二度目のオーダーを受ける時も、ひとつのターニングポイントと捉えるそう。

「一度目は、興味を持って、オーダーをくれるもの。でも、二度目は、私の作品を気に入ってくれて発注してくれるということ。お客様からの期待以上のものを作らないといけないので、責任感をすごく感じます。なので、二度目のチャンスこそ、自分のターニングポイントのように思います。」とヴィクトリア。 日本のstudio yoggyから二度目のオーダーを受けた時も同様に感じたのだとか。

そして、出産もヴィクトリアにとっての大きなターニングポイントハート子供を産むことによって、すっかりモノの考え方が変わったのだとか。それまでは、いろんなことに神経質になっていたヴィクトリアも、子供を産んで、すべての物事に秩序があるように感じ、リラックスして生きていけるようになったみたいです

そんな彼女、実は今も、大きなターニングポイントであると言っていました。
大きな方向性のチェンジかな??なんて思いつつ、今後のVICTORIAの動向をウォッチしていきたいLBLE編集部でしたーわーい(嬉しい顔)

ヴィクトリア・キーンの最新のアイテムはコチラから。
http://www.studio-yoggy.com/


〜studio yoggy提供ハートプチサプライズ企画〜 
エコバッグ・プレゼントのお知らせ
  《終了しました》 
この記事に関してLBLEではコメントを募集しますexclamation
コメントを書き込んで下さった方から、抽選で3名様にヴィクトリア・キーンの
エコバッグをプレゼント。
200909251414000.jpg
当選者の方には、まずメールでご連絡をし、その後送付先などをご確認させていただきます。
※コメントを書き込んでもメールアドレスは表示されません、ご安心ください。
応募締切:11月20日まで



このページでのプレゼント応募受付は終了しました。コメント頂いた皆様、ホントにありがとうございました。当選者の方へは、当サイトのスタッフより別途ご連絡し商品を発送させていただきます。

fashion&cultureの最新記事

この記事へのコメント

もえ 2009年11月13日 13:00
HPでヴィクトリア・キーンさんのヨガウェアを拝見
してきました。どれも、今まであまり見たことが無い斬新で美しいデザイン・色・シルエットで、ヨガだけでなくても着てみたい!と思いました。
しかもスカルに見えないスカルデザインで、これまたすごく美しい…こんなスカルもあるんだなあ、とすごく驚かされました。
女性のターニングポイントを迎えてますますのご活躍、尊敬します。
Meg 2009年11月13日 23:09
可愛い♪
ぜひ、当ててブログで皆さんに紹介したいわ〜♪
MIKOYU 2009年11月17日 09:08
なかなか良好
兵頭りお 2009年11月18日 11:16
マイバッグはもう、単なる便利道具ではなくて
自分のファッション小物の一部ですよね。
昔の人の風呂敷のような感覚で、
とても重宝する、バッグに常備しておきたいものの一つです。
でるでる 2009年11月18日 16:07
とても素敵ですね(^o^)/
らぐちゃんぐ 2009年11月19日 14:52
自分のターニングポイントを的確に捉えることができて、
その時に正確な判断が出来、いまの位置に安心することなく、
新しいチェンジをしようとしている彼女はすごい。

流行は日々変わっていくものだから、
ファッションにしろアートにしろ、
今までの自分を変えられる人、変わろうと思っている人、
彼女のような人が世界のクリエイティブな部分を
支えているのだと思った。
うめぼし 2009年11月19日 15:02
未だに買い物するときは昔のスーパー袋を再利用しているおしゃれでない私。。
でも再利用はエコだからいっか、でもやっぱりおしゃれにエコしたい!
ヴィクトリアさんのようにおしゃれでエコを広めるというのはステキですね!
ぜひ仲間入りしたいです♪
赤間 貴史 2009年11月20日 01:26
かわいいので彼女に着せたいです。
上野 恭代 2009年11月20日 08:10
かわいい
松村洋輝 2009年11月20日 08:40
エコバッグというとものすごく地味なイメージなものを想像していましたが、最近はオシャレなものが続々登場し、もうただのバッグではなく、ファッションの一部として楽しむ事ができるようになりました。エコバッグを持つか持たないかで容姿と心の輝きが変わります☆
前田恵里子 2009年11月20日 10:39
ekoバックを探していましたが、なかなかおしゃれな物が見つからない!!で、見つけました!!是非持って歩きたいです。
吉村早苗 2009年11月20日 22:29
エコバッグすらかっこいいですね!!エコバッグにしとくのもったいないです!!
川田景子 2009年11月20日 23:24
友達に自慢したいぐらいかっこいい!

この記事へのトラックバック