3.11 東北地方太平洋沖地震について

このたび発生した東北地方太平洋沖地震で読者の皆様の安全と、被災された方々の救出そして復旧を心からお祈り申し上げます。





昨日、大きな大きな地震が東日本を襲いました。

LBLE編集チームは大阪が拠点ですので、軽く揺れを感じたぐらいでした。
LBLEのライターやスタッフもみんなも無事のようです。

ただ 当サイトでお付き合いをさせていただいている
福島のメーカーさんなど、一部ご連絡が取れていないところもあります。


実は、この事態を最初に知ったのは、ツイッターでした。

午後3時頃、東京本社のアートディレクターが地震のツイートをし、その後、続々と様々な情報がでてきました。

身体が震え、仕事が全く手につきませんでした。

そして会社から帰宅し、テレビをつけた時に、地震だけでなく、火災、津波などと、悲惨で深刻な状態に広がっていることを認識しました。

また、東京に住んでいる人の多くは、交通機関が運休したことにより、帰宅するのも大変な状況だったと聞いています。


このような状況で、大阪にいる私たちが今できることって何だろうと、何度も何度も考えました。

結局、いつものようにLBLEから情報を発信していくこと、
そして皆さんの安全が一日でも早く戻ることを祈ることしかないのかもしれません。

もしも、LBLE側でこんなことしてみたら?
なんてアイデアがあれば是非 以下のコメント欄に書き込みをしてください。

被災に遭われた方々の安全と平和が一日でも早く戻りますように・・・******************************
paquitaさん みあさん
コメントありがとうございます!!

継続的な支援は本当に大事だと思います。

そして、LBLEとしては、
被災された方々へのサポートをしている企業や団体の情報などをお送りしていければと考えています。

すでに、
Pray for Japanや
森本千絵さんのIdea for Life
など様々な活動が始まっています!

ツイッターでは、pray for japan関連のつぶやきをまとめたページも。
http://prayforjapan.jp/tweet.html


今後、随時情報をお送りしていきます。

よろしくお願いします。

editorsの最新記事

この記事へのコメント

paquita 2011年03月12日 20:26
今回の地震、津波で被災された方々に心からお見舞い申し上げるとともに、懸命に救助に当たっている方々、正しい情報を広げることも含めて善意の活動をされている方々に感謝と応援の気持ちを伝えたいと思います。
こうしたことへの直後の緊急支援やケアが大切なのはもちろんですが、遠く離れていても取り組めることとしては、長期的に今回の被災地や被災された方々への支援だと思います。
何か購入するとき、たとえば今回のエリアのものがあれば選んでみませんか?
津波の被害でなかなか今までのような生産量を上げることができないかもしれないけど、例えばお米や果物、水産物はこのエリアの特産品。一人ひとりができることは小さいかもしれないけど、できることから取り組めたらと思います。
そうするためにも、このエリアのことやモノが紹介されることがあったらいいのかも、と思います。
みあ 2011年03月13日 10:35
直後は支援も多く、経験談ですが物が余るケースもありました。
大きな災害もやがて風化されて、支援の継続こそが難しいと思います
継続につながる窓口があれば心強いです

また、医療は行われても未病の方のケアはどうなのでしょうか。
知識不足なのですでに行われているのかもしれませんが
避難所での苦痛を軽減するためのアロマケアなどできるといいですね(環境整備、足浴、マッサージなど)
直接関わることができなくても、情報提供の窓口があればいいな、と思います。
災害は大変ですが、命や資源の大切さを考える機会です。この体験を生かしたいです。

コメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。