ほめるって、大事だけど。

あついですね。。 写真の猫とは違って、冷房のきいた部屋にこもっています。 最近、行動療法の研究の流れで、「ホメる」ということについてリサーチをしています。 一般的に、「ホメる」って良いことだと信じられていると思いますが、 相手やホメ方を間違えると、逆効果だったりします。 また、普段から、ホメ言葉のシャワーで育っているような子ども(人)には、いくらホメてもあまり効果がなかっ..

子どもの学習のヒント

やっと大学院は夏休みに入りました。 すっかりオリンピックモードではありますが、「スキナーの心理学」という本を読んでいます。 春学期に、応用行動分析を勉強していたのですが、原点を知るという意味でもよい機会かなと。 行動心理学は、発達障害の子どもの支援などで目覚ましい業績を上げていますが、 いろんな分野でも、取り入れることが可能です。 学習に関しても、スキナーは、以下のように、 ..

月めくり 禅の教え 〜森羅万象〜

森羅万象(しんらばんしょう) この世の全ての物事という意味です。 「森羅」は果てしなく生い茂る樹木のこと、「万象」はあらゆる現象のこと。 密教では大日如来を森羅万象と表現しますが、万象には私達人間も含まれます。 思考対象が思考主体という、論理の根底を覆される世界観に圧倒されますよね。 In everything, give thanks. Thessal..

月めくり 禅の教え 〜心身一如〜

「心身一如」(しんしんいちにょ) 肉体と精神は別のものではなく、同じものであるということです。 AppleやGoogle等の大企業がマインドフルネスに注目し、職員の生産性向上に瞑想を取り入れる昨今、肉体と精神の相関性は今更言うまでもありませんが、とても重要な概念。 どちらがかけていてもアンバランスで、究極の目的である「宇宙とつながる」(=マインドフルネス)に達することはできま..

応用行動分析 DTTについて

こんにちは。 編集スタッフです。 現在、大学院で教育学、障害科学、心理学、さまざまなアプローチで、発達障害を持つ子ども達の支援方法を学んでいます。 そもそも大学の時にこれらの分野を学んだことがなく、まったく新しいジャンルということもあり、 4月〜6月半ばまでは、学校での勉強が本当に大変でしたが・・・・ 慣れるって、すごいもの。 最近では、学校での課題が楽しくてたまらなくなりました。 ..

マインドフルネスアプローチ

最近、話題のマインドフルネス。 幸運にも大学で、スタンフォード大学のドクター重松の特別レクチャーを受けさせて頂きました。 マインドフルネスといえば、ヨガや禅のイメージが強かったのですが、アカデミックやビジネスの分野でも、広まっているとは知らず、驚きでした。 全米で、一・二を争う、エリート大学であるスタンフォード大学では、メンタルな問題を抱える生徒が多く、生徒のためのカウンセリ..

月めくり 禅の教え 〜梵我一如〜

「梵我一如」(ぼんがいちにょ) インド・ウパニシャド哲学の根本概念で、梵(宇宙、外、神)と我(個人、内、エゴ)とは同じであることを言います。 禅ではありませんが、すごい言葉ですよね。 梵(宇宙)と我(個人)が同じであるというのは、スピリチュアルな世界では根本概念で、キリスト教であれば「三位一体」というのがありますし、瞑想は我(個人)が梵(宇宙)につながることを目指しています。 ..

橋の下音楽祭

気持ちのいい5月の空気を味わいながら、先週末、豊田市で毎年開催されている「橋の下音楽祭」に行ってきました! この音楽祭、普通のフェスと違うのは、とってもロハスであり、日本各地の伝統文化を重んじる催し物がたくさんやっていたりもしつつ、パンクやスカを堪能できるってとこです。 今回も、いろんなステキなミュージシャンに出会えました! あと、やっぱり、普通のフェスと違うのは、ご飯が抜群にお..

大学院生活 〜はじめての応用行動分析〜

こんにちは、編集スタッフです。 4月より大学院の修士課程に通いだしました。 色々と学ぶことがたくさんあって、刺激的な毎日です。 社会人を経験をしてから学生になると、改めて、「学び」とは何かを自分に問いただすことがあります。 「学び」の私の定義は、「謙虚に自分が何も知らないことを認めて、一生懸命知識を習得し、新たなる知恵や考え方を獲得すること」かしらと思っています。 そして..

月めくり 禅の教え 〜啐啄同時〜

「啐啄同時」 そつたくどうじ 鳥がふ化する際に、ひな鳥と親鳥が殻をつつくタイミングが同時に行われる様子を言います。 転じて、師弟の関係において、機を見計らい弟子に適宜適切な事を教えてやる様子。人間関係において、お互いの時期(機縁)が合い、意気投合する様を言うようです。 機縁とは熟した時におのずとやってくると言いますが、自身を振り返ってみても、人生の努力(卒)をしていると、相応のご縁(啄..